OSS開発で利用するバージョン管理システム

おしらせ
OSS Japan Facebookグループで、バージョン管理システム利用者アンケートをとったところ、以下の結果となった。※1
 
バージョン管理 管理方式 件数
Git 分散型 12
Subversion 集中型 6
Mercurial 分散型 2
CVS 集中型 2
Bazaar 分散型 0
 
過去にはデファクトスタンダードだった集中型バージョン管理システムSubversionから、分散型バージョン管理システムであるGitやMercurialに移行している様子が窺える。
 
バージョン管理システムのホスティングの状況は、以下。
 
OSS Hosting place 提供サービス 件数
自前のサーバー - 7
Github Git 3
Bitbucket GitMercurial 3
Sourceforge Git,Subversion,Mercurial(hg),Bazaar,CVS 2
Google code Subversion,Git,Mercurial 1
 
Google codeは、Googeが提供するサービスで、Gmailアカウントでログインできて手軽に利用できる。
Bitbucketは、非公開ソース管理が可能なのが特長。
 
Facebook グループはこちら
 

※1 2013.2.5 Redmineをバージョン管理システム一覧から削除しました。