[OSS Japan][OSS Japan]ウェブサイトのモバイル フレンドリーがランキング要素に

ニュースレター

ニュースレター配信します!

メールマガジン「[OSS Japan]ウェブサイトのモバイル フレンドリーがランキング要素に」を配信しました。 ---------------------------------------------------------------------- OSS Japan ニュースレター No.13 https://www.ossj.jp------------------...---------1. モバイルフレンドリー・レスポンシブウェブデザイン(RWD)対応を4月21日までに2. オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/SpringでCLSx Tokyo PREを開催3. オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/SpringでCMS 勉強会を開催----------------------------------------------------------------------OSS開発者がつくるOSSユーザーのためのOSS総合情報サイトOSS Japanから、ニュースをまとめてご案内します。----------------------------------------------------------------------1. モバイルフレンドリー・レスポンシブウェブデザイン(RWD)対応を4月21日までに----------------------------------------------------------------------Googleが先月2月27日、ウェブマスター向け公式ブログで、モバイルについて4月21日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めることを発表しました。http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/管理しているサイトがあれば、サイトを以下のURLにていますぐチェックをどうぞ。モバイルフレンドリーかどうかのチェック:https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/OSS Japanの場合https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?url=http%3A%2F%2Fwww.ossj.jp※対応済みです。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。2月27日付:Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.htmlレスポンシブウェブデザイン(RWD)を推奨。モバイルもPCも同一URLを強く進めています。2月12日付:モバイル ユーザビリティが確認できるようになりましたhttp://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/tracking-mobile-usability-in-webmaster.html以下のようなサイトはモバイルでは表示に問題がでるためが敬遠されます。・Flash を利用している・viewport が存在しない (モバイル ページにとっては非常に重要な meta タグです)・フォントが小さい・viewport が固定幅・コンテンツが viewport のサイズに合っていない・リンクやボタンがお互いに近すぎる位置に配置されているさらに、Googleはレスポンシブウェブデザイン(RWD)の利点も紹介しています。その利点とは、主にモバイルユーザーに見せるページとそれ以外のユーザーに見せるページの「URLが同じ」「HTMLが同じ」という2点です。レスポンシブウェブデザイン(RWD)対応は、フロントエンドフレームワークを活用すると、スマートに追加することができます。OSS Japanの場合は、UIkitを活用してレスポンシブウェブデザインを実現しています。フロントエンドフレームワークは、多くはオープンソース(MIT License)で公開されています。以下のサイトで、数々のフロントエンドフレームワークが紹介されています。CSS Front-end Frameworks with comparison - By usabli.cahttp://usablica.github.io/front-end-frameworks/compare.htmlこれらのフロントエンドフレームワークの多くは、レスポンスブウェブ対応のスタイルを提供しています。主なフロントエンドフレームワークについて概要はこちらにまとめました。https://www.ossj.jp/article.php/osc-cms-labo-front-end-framework----------------------------------------------------------------------2. オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/SpringでCLSx Tokyo PREを開催----------------------------------------------------------------------CLSx Tokyo PREを開催しました。まだまだまとめ中ですが、おおよそ以下の内容が話し合われました。<コミュニティ・デザインの重要性>・6億円出してもcontributorを集められなかったプロジェクトがある。 OSSは、お金を出せば集まるというものではない。 逆にボランティアでも優秀な開発者が集まるケースも。<企業とコミュニティのあり方>・イギリス政府はNPOにFull timeで2-3人雇える金を出すこともある。・Linuxは企業からの寄付が多い,Developperの90%はFull commit・OSS開発者を企業が直接雇用するケースがある。 日本ではサイボウズがOSS活動を見て雇った。・企業内にCommunity managerがいたら,マーケではなくR&D扱いのことが多い。<日本語ローカライズやハックに追われてフィードバックしない風潮>・海外のOSSを日本語化する場合に、多言語対応や姓名の対応、住所の対応 などなどでハックしまくって活用。 アドオンの機能を調査しないままやっつけでハックするのでバージョンアップ がさらにやりにくい。 そのうちセキュリティに問題が起きる。ユーザー会でしっかりまとめて フィードバックし、本体に取り込むようはたらきかける必要がある。 ハックしなくてもすむようにユーザー会を組織してフィードバックが必要。・日本人メンテナーが非常に少ない。OSSにもよるが、フルタイムを要求される 場合もあり、ボランティアでの対応は厳しい。・本家コミュニティーに積極的にフィードバックしていく日本人開発者が少ない。<女子部問題>・女子が商品化されて本来の活動に色眼鏡で見られることがある危険性。セッションで流したJonoのYoutube:https://www.youtube.com/watch?v=lSuWWZeTBjQこの話題は、FB Groupに参加してください。CLSx Tokyo - Community Leadership Summit in Japanhttps://www.facebook.com/groups/343620742455665/ ----------------------------------------------------------------------3. オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/SpringでCMS 勉強会を開催----------------------------------------------------------------------主に、フロントエンドフレームワークをテーマに開催しました。この話題は、FB Groupに参加してください。https://www.facebook.com/groups/ossjapan.cms/------------------------------------------------------------※ このメッセージは、通知専用のメール アドレスから送信されており、このアドレス宛てに返信できません。ニュースレターについてhttps://www.ossj.jp/staticpages/index.php/newsletter-regist