Scala(スカラ)

OSI準拠ライセンス:BSD-3-Clause

Scala
アピールポイント
Twitterのバックエンドなどで使用されている。ベターJava
概要・特長
オブジェクト指向言語ながら、関数型言語でもあるため、開発者はそれぞれのパラダイムを選択することも可能となっている。

また、強い静的型付け言語ではあるが、型推論が採用されているため、Javaほどは静的型言語の持つデメリットを感じない。
また、Javaプラットフォーム上で動作するため、Javaとの親和性は高く、相互呼び出しが容易に行えるため、既存のJavaの資産の流用が可能であり、逆にJavaでも使用出来るライブラリ、フレームワークの開発なども可能である。

コンパイラ言語である。

新しい型、新しい制御構造が作れ、また、Javaよりも簡潔に記述することが出来る。
主な活用事例
Twitterのバックエンド
ニコニコ生放送
LinkedInのバックエンド
FourSquareのバックエンド
カテゴリ
プログラミング言語
ライセンス(OSI準拠)
BSD-3-Clause
ライセンス補足
三条項BSDライセンス
プラットフォーム
マルチプラットフォーム(Javaプラットフォーム)
開発プロジェクト
LAMP/EPFL
URL
http://www.scala-lang.org/
開発プロジェクト(日本)
日本Scalaユーザーズグループ
URL(日本)
http://jp.scala-users.org/
公開年
2003
Wikipedia URL
https://ja.wikipedia.org/wiki/Scala

:リーダー :コアメンバー :開発協力 :利用

※グラフをクリックすると、該当ユーザリストを表示します。ユーザへ直接連絡をとることができます。

Scala 開発者のバナー

無料バナーエリア。個人事業主、個人としてバナーを無料・無期限で掲載していただけます。

1232hits modified:2015-10-13(Tue) 15:01 JST created:2015-07-29(Wed) 22:44 JST